深みにハマって世界は輝く。

生きがいとはなんぞや

帰る場所

私の帰る場所ってここなのか?

ときどき考えてしまいます。

ここで言う帰る場所っていうのは故郷とかではなく、毎日自分が学校から帰ってくる、生活している場所です。

私は大学進学で県外にでてきました。

大学自体が9割そこの県民という大学で周りの人間はみんな地元がここなのです。

そういう状況の中で県外からやってきた私は周りからみたらそうでもないかもしれないけど、自分としては、ああ違うな。私はここの人間じゃないな。と思うことがかなりあります。本当によくあるのです。

だからといって地元(出身地)を生活の場所にしたかったわけではないのです。生まれ育った愛するふるさとではあるけれど、そこで生活していたときも私はここから将来でるんだ!私のいる場所はここじゃない!って思ってました。そういえば、そうだったのです。

だからこっちにやってきたのです。

もっともっといろんな人がいる場所ならばこんなことを思わなかったのかもしれません。どちらの場所も私の周りは狭い狭い範囲で生きている人たちで、周りを知らない人ばかりでした。それが嫌で嫌で。笑

 

でもずっと、こんなことばかり思ってしまう私はきっとどこに行っても、

ここは私のいる場所じゃない。

と思うのかもしれない。ならどこに行ったって同じじゃないか!

この思考ループ。。。本当にくだらないですよね。笑

だって人はどこにいったってその人なのです。住む場所が変わったくらいで変わらないのです。それは!わかってるんだけど!

どうしてもずっとずっと考えてしまっていました。

 

けどね。

あ、私朝ドラだいすきなんですけど、

現在放送中のひよっこでこんなセリフがありました。

 

宗男さんがみね子が東京に行くとなったとき言った言葉「人が住んでるとこはどこでもいいとこだ」を振り返って。

みね子が東京で綿引さんと初めて会って。

「いいとこっていい人がいるってことですよね?」

 

これ聞いたとき私泣いてました。

ああそうか。いいとこか。いるべき場所なんてどこにもなくていいんだ。自分でつくる、そう思うものだから。

ひよっこは私、勝手に 故郷を離れて働く。生きる。がテーマだと思ってるので、なんだろう他人事とは思えないのです。

毎日、頑張れ!みね子!と思いながら観ています。笑

 

結論見えなくなってきちゃいましたが、要するに、私はどこにでも行ける!どこでも行きたい!だってそこはいいとこだから!

という話です。あー結婚したい。←これ最近の口癖です。

おしまい

言語を抜けた先。


冷静に自分や他者を分析することがすきだ。
それは、人に限ったことではない。

分析がすきなのだ。
特徴を捉え、状況から行動や言葉、考え、あらゆることの理由を推測する。

常に私の思考はこのロジックが占めている。

小さい頃からことあるごとに
あらゆることの理由や原因、正体を知るために調べた。
両親は教育熱心だったけれど本人らの教養はなかった。
だから親に聞いても答えは返ってこない。
ただ、たくさんの「答え」が含まれた本や媒体を与えてもらった。
興味があるものに関してはすぐに調べて「答え」を探した。

だけど人間、存在すら知らないものに興味はわかない。
その存在を知らしてくれるものが、小説や学校の授業やテレビだった。
そうやって、世界は広がっていく。

広がってはいったが、浅いのだ。

中学2年のとき、ノートパソコンを手にいれた。
それまでも家族共有のパソコンはあったが、私専用のものが出来たことは大きかった。
古くてポンコツなPCだったが、インターネットの世界は今までとは違う深みを教えてくれた。
いや、言い方を変えよう。
ある種偏った興味を芽生えさせた。それは思春期のアイデンティティの確立にも重なった。
その興味の偏りこそが、世界の一部を深くさせるのだということを知った。
ただ偏ってばかりでいると人間広い世界が見えなくなる。

他人が書いた文章は私にあらゆる偏りのなかに深みがあって私に見えていることはほんの一部なのだということを教えてくれた。
他人の書いた文章。
それはある時、たまたま手にとった本のなか。
ある時はインターネットの見知らぬブログのなか。
ある時はまた、現代文の教科書のなか。

言葉は面白くて
自分の考えや感情さえも文章にして紙に残した。
書くことが楽しくてしょうがなくなった。

ひたすら知識や考えがインプットされた私の頭から、言葉を吐き出して、綴ることで満足した。

それが私の中学高校時代だった。

そして大学生になった。
2回目の桜が散った今、やっと私は新しい楽しみを見つけた気がする。
人と話をして人の話を聞く。
当たり前の人間の行動だが、私は相対的にこれが不足していたんだと気づいた。

生の会話には言葉(language)だけじゃない情報がたくさん含まれている。
いわゆる非言語的情報。
感情や感性、情緒的思考。他者のそういうものを汲み取る力が足りていない。
簡単に言えば人の気持ちがわからないのだ。
人の考えや状況や客観的事実を察知することはできる。
しかし、それを知って自分の感情に当てはめてみることや、ロジックに合わせて分析して判断することしかできないのだ。

パッと相手の気持ちを読み取れない。ある程度までしか。表面的にしか。
少し大袈裟に表現しているから、なんだかロボットみたいで温かみのない人でなしのようだけど流石にそんなんではないのだ。

ただつい最近まで自分がそういうところがあるということに気づいていなかった。

言葉にならないなにかを共有する喜びをやっと知った。
同じ空間にいたい。顔を見て、どういう反応をするのかがみたい。
微妙な差異や変化に世界を広げる力はないけれど
他人という別の次元の世界を覗くことができる。
もっといけば他人と自分というふたりの新しい別の次元のなかにいける。

今は共有というものがなんていいものだろうと感じる。

時間や空間を君と共有しよう。そんなことを思う私がいる。

何かを伝えたくて書いた文章じゃない。
なにか見えたこの感情を残しておこう。

大切にしたいもの。

先日大学の講義でこんな質問がありました。

 

「あなたの大切なものはなんですか?」

 ―What is important thing for you ?

 

 

解答欄には5つの書くスペースがありました。

上位5つを書け。と。

 

少しだけ考えてからとりあえず、

一番左に

お金

と書きました。

今の日本で私の思う幸せな生活を送るためにはお金が必要だから。

言うなればお金は必要条件だと思いました。

 

そして、次からが迷いました。

だけど案外すっと出てくるものなんですね。

結局私が書いた5つはこうです。

 

お金

帰る場所

生きがい(仕事や趣味)

信頼できる周りの人

愛されること

 

本当は横並びに書いたのですが。

なかなか書いてみて自分で満足しました。

この5つあれば、幸せだなあ、って。

まあ強いて言えばあとひとつ、

あたたかいごはん

を足したらパーフェクトなんですが。

お金を消して、これを入れたら素敵ですけど綺麗事になっちゃいますからね。

ですが、なかなか考えた5つになりました。

大切なものというよりは

幸せになるために必要なもの、という感じですが。笑

 

その次の質問は

そのなかで一番大切なものはなんですか。

と。

私は選べなくて

本当に選べなくて

一番どうでもいい気もする

帰る場所

を選んでみました。

この場合の帰る場所は私ならではの、広い意味を含んでいます。

ひとつは 故郷、ふるさと、懐かしい場所

生まれ育ったあたたかくて大切な場所。

そして、外が嵐でも雨風を防ぐ、家。

それから、なにがあっても帰ってくるところ。私がいるべき所。存在すべき場所。

 

多分これを今一番に選んだのは

欲しているからでしょうね。

帰れる故郷、実家を。

 

だけどやっぱりどれも大切だなあ。

生きがいがなくちゃ、生きている意味がないなって思うしね。

独りぼっちじゃ生きられないし。

誰かを愛しその人に愛されることが何より幸せだと思うし。

 

そんなこんなで、私はきっとこの5つを手に入れるためにこれからも模索を続けるんだと思います。

今も十分幸せだけどね。

 がんばるぞー

いつの間にか季節かわって。

えーっと。

状況かわりまして、いつの間にやらジャニオタ名乗れないほどリアルが充実しているわたしです。やっぱりここは大学生。

空気にのまれ、欲にのまれ、日本の大学生はこんなもんです。

今までたくさんのジャニオタがオタクをやめていくのを横目に見てきましたが、まあねえ。

遠いリアクションのない偶像よりも、リアルで生々しい血の通った人間に魅力を感じてしまった。輝きだけじゃない、ぞわぞわして、ミゾミゾする、この感じに はまってしまいました。

どうでもよくなるってこういうことなんだなあ。笑

ジャニオタだった過去を否定するつもりもないし大切な事実です。

わたしのキラキラした青春だと思います。

だけど今は変わった。

変化を恐れることをやめたら楽しくなりました。

自分のすきなものを変えたくなかったし変わりたくなかったんです。前は。

そのときの自分がすきで、それを大切にしたかったから。

でも変わったって大切じゃないわけじゃない。

時間とともに人は変わっていくものなんだって、少しずつ気づきはじめて。

今の願いと違う方向に行っても、大切にしたいものはきっといつまでも変わらないんだってわかってきました。

 

今年も桜が咲いて、去年とは全然違う景色で。それは私が変わったからで、

でも桜は今年もきれいに咲いた。

それだけで、十分なんだと。

桜が咲いて、きれいだなあと思う心が変わらなければ

過去のわたしも 今のわたしも 報われる。

また来年も同じ桜をみて、きれいだなあと思いますように。

どこか遠いところの桜が、私の過去に見てきた桜が、今年もどこかで咲いていて、

誰かがきれいだなあと思っていますように。

 

 

ジャニーズWEST分析と生きる甲斐。

 

ジャニーズWESTのファンになって早1週間。あれからいろいろと学んでいます。

んで、だんだん気づいてきました。

ジャニーズWESTって売れる要素しかない」

あの、お前何様だよ、何を知ってんねん、って感じですけど 重々承知でございますから!!あ!!痛い!たたかないで!

私趣味という趣味をもっていない本当につまらない人間でして。だけど小さいころからテレビが大好きで、割とジャンル問わず何でも見てて、たぶん普通よりは知識がある。

で、私今一番ジャニーズで売れてるアイドルのファンやってたんですよね。どメジャーが好き。なんです、私たぶん。音楽もMr.Childrenとかaikoとか超ド級にメジャーなところの範囲内でしか好きにならない。所詮凡人ということです。

そんな私ですけど(前置きが長い)

ジャニーズWESTってめっちゃいいですよね。。。あのファンになって7日で気づけるほどハイスペックです。

①歌が上手い

②実はみんな結構かっこいい

③高身長

④めっちゃ面白い

⑤キャラ分けできてる

⑥仲がいい

⑦演技もなかなか

⑧キラキラしている(アイドルらしさ)

ざっと挙げてみましたけどこんなにあります。これはなかなかすごいことです。

まだデビューして短いしテレビ露出も多くはないので7人(グループ)としての認知度は低いですけど、事務所がごり押ししてくれさえすれば(脚光を浴びるようになれば)これ、もう断然売れるでしょ!というか売れてほしい

いや売れてほしいというよりは世間様に認められてほしいです。

この人たちすごいから。みんなにも気付いてほしい。

上記しなかったですけど、このグループ柔軟性もあるんじゃないでしょうか。

まだそこまでわかんないですけどいろんな空気(明るい雰囲気だけじゃなく真面目な場面とか)に耐えられる力を持ってるような気がします。まだ若いですし、関西弁ですし、明るいイメージの仕事が多いと思いますけど将来的には、重たい雰囲気でもイケる柔軟性って大事だと思っています。場になじめるというか。

そういうところももっともっとこれから力付けていくんじゃないかなと感じます。

本当に勝手にしゃべってますけど。この記事大丈夫かなあ。(笑)

分析マンなんですよね、私。自分のことも他人のことも、好きなもののことも、全部分析してしまう。分析するのはいいですけど、それを他人に言うと嫌われますよね。

だって個人観だから。

私の話はいいや。

とにかく思ったのはジャニーズWESTを好きになったらこれからが楽しみで仕方ない!!ということです。

私の話ですけど。

嵐のファンじゃなくなって本当に毎日つまらなくて。いや、大学で友達に会えば楽しいし、テレビ見て笑ってるし普通に毎日楽しいんです。楽しいんですけど、生きがいがない。なんか毎日がただ過ぎていくというか。

だけど私は生きていく甲斐がほしい。

理由なんてなくたって生きれるし、普通に楽しい。それでもなんかのために生きてるんだ、とか私にはこれがあるとかそういうのが欲しかった。

所詮凡人の自分には甲斐がないとつまらなかった。

それをとにかく探そう。と思いました。そんでその過程をどこかに残してみようかな、と。それでこのブログ始めました。

誰かが言ってた。

人生の夏休み=大学生活。

暇な学部とは間違っても言えないけど、それでも自分と向き合う最後の時間なのかもしれない、大事にしなくちゃ。

いろいろ始めたいことも計画してて、春休み充実しちゃいそうだなあ!!

彼氏いないけど!!

異性と深い関係を築くことも、青年期の発達課題です。大事なことです。でも今はいいかな。

今は異性より他のいろんな世界を知りたい。

そんなひとりごとでした。

ジャニストのコンサートに行ってみた。ら、見事におちた。

結論から申しますとですね、ジャニーズWEST、最高。
おちました。

いやいやちょっと順序立ててお話しますとですね、私ずっと嵐ファンしてまして。
そこについては先日、鬼のような記事を書きましたけど。
かれこれ数年、まあ別に全然ファン歴短いですけど嵐のファンだけをずっとしてまして。
他のジャニーズとか言っちゃうとぜんっぜん興味なかったですからね、特に嵐ファンになって最初の頃は。
それでもまあ嵐もジャニーズなので。自然と嵐に関わりのあるグループについての知識は増えていきましたよ。

ただ一つ、大学生になって田舎から出てきて、下宿して。「少年倶楽部」なるものを見れる環境になりまして。
それがすごく大きな変化だったかもしれないです。Jrについてのこととかあの番組みないと全く知れないですよね?!
ジャニーズWESTに関してもこれを見るようになって少し詳しくなりました。それまではMステやらの音楽番組でしか知らなかったですからね。
それでもまあ別に、こんな人らもいるんだなあとしか思ってなかったです。

私とジャニーズWEST。最初の出会いは2016ワクワク学校です。
大阪の二日目、前半の回に行きました。
まあびっくりしました。だってWESTおもしろいから。こんなこの人たち面白いんだ!って。
ちゃんと喋れるし、しかも面白いし、だけどうるさくない。絶妙に空気も読めるし、グループのチームワークというか、連携がすごい。
役割分担もできてて、正直嵐よりおもしろかった。嵐を見に来たのに、なんでだろう。感想はジャニーズWEST面白い!!でした。

その直後ですよ。二宮スキャンダルは。
まーね。最初ほんとに怒りの感情しかなくて。呆れて、嫌いだって思って。
もうなんだろう、その怒りの勢いで書いてしまったんです。ファンクラブ入会の振り込み用紙。(笑)
ちょうどこの前のワクワクで面白かったから、「ちょっとコンサート行ってみたいな。きっとあの人たちのコンサート面白そうだもん。」
ですよ。結構衝撃ですよね。どんだけ二宮に怒ってたんでしょうね。
そのとき、振り込み用紙に書いてた名前は、濵田崇裕。
名前書いた時のこと、そこまではっきりと覚えてるわけじゃないんですけど(数か月前だけどな)
七人のうち書くならこの人でしょ、って感じで、全く悩んでません。もう当然かのように書きましたね。
たぶん普通に顔がタイプなんですよ。(笑) 本能的にすきだと思ったんでしょうね。今となっては笑うしかない。

だってガイシ(一日目)参戦して次の日には「ああ濵ちゃんがめっちゃすきや、どうしようこの気持ち抑えられない」ってなってますからね。

大学で出会ったジャニオタの二人と一緒に「なうぇすと」行ってきました。ひとりはPとセクゾ担、もうひとりはエイターです。
あのほんっとに申し訳ない。本当に申し訳ないくらいに素晴らしい席で見させてもらいました。(当たっちゃったんだからしょうがない)
言い訳じゃないですけど、ちゃんとアルバム借りて頑張って予習はしました(笑)
テスト勉強やら実習やらレポートやらでめちゃくちゃ忙しかったんですけど。(ガチのやつ)

ネタバレはしませんけど本当に楽しかったです。「ああ、そうか、コンサートってこんな楽しいものだったっけ。」これが一番の感情でした。
正直嵐のコンサート行くと、もういける事が、その場にいることがなんか神格化しすぎちゃって、
楽しいんだけどどっかで「夢みたい、またすぐ覚めちゃうんだ」みたいな感情が生まれるんですよね。私は、の話ですけど。
そういう距離みたいなものを全く感じなかった。ただ、ただ楽しくて、みんなかっこいいし一生懸命でキラキラしてて、
「なにこれ最高じゃん。この人たち最高じゃん。」これしかなかった。
私にとっては嵐がすべてだったのでどうしても嵐との比較になってしまうんですけど、ジャニーズWEST本当に最高だなって思います。
嵐がダメって言ってるわけじゃないんですけど。私にとって、の話です。
具体的にどこがとかそういうのはまたおいおい、ね。

あと、濵田崇裕、やばいっす。
あのほんと顔がわりとタイプっていうのとみんなに「はまちゃん」「はまちゃん」って愛されててアホで可愛いなってそれだけだったんです。
そしたらもう!!!!!
最初の曲かな?その次かな?わかんないですけどセンステでガッシガシ踊る濵田崇裕見たらもう一瞬でおちましたよ。
あれ?このひとこんなふうに踊る人だったっけ? って思いました。私そんなにはまちゃんが本気で踊ってるところ見たことがなかったんですね。
ええじゃないかとかズンドコパラダイスとか、まあもっと少年倶楽部で見てますけどこんなにガシガシ踊ってるところを長く見たことがなかった。
そしたらびっくりですよ。かっこよくて。この人アイドルだ、って初めて思いました。(笑)
いきなりそれ見せられっちゃったもんだから気づいたらずっとコンサート中濵ちゃんを追ってました。(笑)

そんなこんなでですね。
帰ってきて次の日には動画漁って、画像ダウンロードしまくり、今までのこといっぱい学習しています。いろいろな方のブログとか読んで。
全然知らないことだらけだったから、毎日が楽しくてしょうがない。

もっともっとこの人のことが知りたい。
もっともっとこの人たちを知っていきたい。
そんでこの人たちと一緒に夢を追いかけたい。

私、まさかこんなタイミングで本気でファンになっちゃうひとたちに出会うとは思ってなかったですけど
なんなら、嵐以外でこんなにすきになるひとたちいないと思ってましたけど
人生何があるかわかんないもんですね。

私今、とてもワクワクしています。
ああ、見つけちゃったなあ。どうしよ。(笑)

実は前回の記事はそんなことがあるとは予測していない、コンサートに出かける直前に書きました。
今思えば、コンサート前によくあんな記事かけたな!!って感じですよね。重い。(笑)見返してないですけど。

そんなことで、このブログ、ジャニーズWESTの記事ばっかりになりそうな予感がしています。
作ったときはそんなつもりじゃなかったんですけど。

良かったら温かく見守ってください。

嵐オタという生きがいをなくした大学生

嵐が好きだった。二宮がだいすきだった。

でももう過去形です。

半年くらい前から「嵐がすきなのかわからない」と感じ始めました。

ただなんとなくうまく言葉にできないけれど喉に引っかかる「何か」を感じて

なんで嵐がすきだったのか分からなくなりました。

あれ?私今ときめいてるか?

心がぐわぁあって揺れる感情、最近嵐に抱いたっけ?

「きっかけ」があるのかわかりませんが私の以前の嵐に対する情熱はいつの間にか薄れていました。作業のように出演するテレビ番組を録画しては流し見して、CDやらDVD(ブルーレイだけど)が出るたびに何も考えず本当に作業のように買って。コンサートに関しては行きたくてもいけない人がいる中で発言するのはいかがなものかとも思いますが、ちゃんと自分名義で当てた地元のアリーナツアー。本気で楽しみにしてた。9年の年を経てちゃんと帰ってきてくれた。その事実が死ぬほどうれしくて。でもその直前に自担のスキャンダル。もともと私は自担に盲目で溺愛♡っていうファンではないので、もう正直アイドルという仕事なめてる。、と強い怒りを覚えました。それでももう少し信じてみようと思いコンサートに行きました。でもな。なんだろう。コンサート中ずっと泣いていました。会えてうれしかったしおかえりを歌ってるときはほんとにこの瞬間を待ってたんだ、って思った。でもなんだろう。なんか言葉にはできないつっかえたものがあって。まだそのときにはわからなくて。

JaponismのDVDがでて、みてた時に気づきました。私、嵐に心が動いてないな。って。私にとってこの人たちは特別な胸を熱くさせる存在じゃなくなったんだ。ずっとすきだった。こがれてた。今はすきだけど、なんかちがう。

だけど私自身春から大学生になって大きく生活も変化して。こうやって熱は落ち着いていくもんなのかな、ってそう思ってたんだけど。

いつもわたしの心の中を占めてたあのひとの割合が気づいたらほぼない。

それは私の感情の変化だけではなくて、嵐が、いつのまにか変わってたんだ、と。変わることもあるけれど、大切なことはちゃんと覚えていてくれるとおもっていたことがなんとなく忘れられている気がした。

その理由はほかの嵐の担降りした方々がたくさん語っていると思うので割愛。

ただ一言で言えば「夢」が見えない。

私は嵐を好きになる前からサンテグジュペリの「星の王子さま」が好きです。

そのなかのとても有名な言葉。

「ものごとは心で見なくてはよく見えない。大切なことは目に見えない。」

嵐の表面には見えない熱と欲が今の私には伝わってこない。

正直ぬるい。

わたしにはそうみえた。

そして私はいつからか嵐のファンを名乗っていない。

 

勢いで書いてしまった初記事だけどこれが私の素直な気持ちです。

これから私のすべてを占めてた生きがいを失くして、どうやって自分と向き合って生きていくのか、考え、ここに残そうと思っています。

誰かのために書いているわけではないし、ひとりごとを書いた紙切れを道端に落としていくような気持ちです。